インクトナーについてお困りの方は必見の【インク・トナー通販比較 おすすめランキング】公式WEBSITE

HOME > コラム > 値段を選ぶか安心して利用するか

値段を選ぶか安心して利用するか

 レーザープリンタを利用するときに必要になるのがトナーカートリッジです。以前は黒のみのことが多かったですが、最近はカラーに対応した機種もあります。
 モノクロの場合は黒のみ、カラーの場合はカートリッジも黒、イエロー、マゼンダ、シアンを必要とします。色が出なくなれば新しいものに交換をする必要がありますが、これが非常に高いです。インクジェットだと1色で千円ぐらいですが、トナーカートリッジは1万円を超えます。
 純正インクの場合、メーカーが出していますから元々の値段が高くなります。一般の販売店でもそれほど値下げされないため、使い続けるとかなりコストがかかります。
 リサイクルインクは、多くのメーカーが製造、販売していて、価格もかなり安くなっています。純正の半額からそれ以下のこともあり、ランニングコストを抑えることができます。


 ただプリンタで印刷をするだけならリサイクルインクの方がよさそうです。
 しかし純正インクの方が良い面もあります。それは品質が安定していることが挙げられます。トナーカートリッジは、入れ物にトナーが入っているだけではありません。カートリッジ自体が精密機械です。
 ですから、部品などが良く泣ければそこから故障してしまうこともあります。純正の場合は、同じ製品が作られるように管理されています。当たり外れがないとされます。純正品の中でも国内純正品と輸入純正品があり、輸入タイプは国内タイプに比べると価格は安くなります。品質は今はほとんど変わりません。
 リサイクルインクは、業者によって品質が異なるため、高い品質の業者もいれば、あまりよくない品質の所もあります。価格では見分けることが難しいので、利用したり評判で見分ける必要があります。


 プリンタを使うときにインクは必要です。
 そして使っていると発生するのがトラブルです。どんなタイプのインクを使っていてもトラブルは発生する可能性があります。純正インクを使ってトラブルが起きた場合、基本的にはメーカー保証の対象になります。期間内なら無償で修理などをしてもらえます。期間外でも有償で修理をしてもらえます。その後も継続して利用できます。
 リサイクルの場合、使った時点でメーカーの保証はなくなります。無償はもちろん、有償での修理もしてもらえない場合があります。ただ、業者の方で一定の保証をしてくれる場合があります。インクの値段分の保証をしてくれるところから、修理費用の保証をしてくれるところもあります。

次の記事へ

カテゴリー