インクトナーについてお困りの方は必見の【インク・トナー通販比較 おすすめランキング】公式WEBSITE

HOME > コラム > インクトナーをなるべく安く使うコツ

インクトナーをなるべく安く使うコツ

インクトナーはコピーをするために必要不可欠なため、なるべく安くする方法を探すと頻繁にポスターなどを作成するために役立ちます。
トナーはカートリッジ式にすると交換をして繰り返して使え、業者にその都度回収してもらえるため有意義に使えることがメリットです。
カラーコピーをする時は白黒よりインク代が高く、格安通販サイトなどでまとめ買いをして出費を減らすと効果があります。
インクトナーは多くの種類があるため内容を比較し、使う頻度に合わせて安くなる方法を探すと多くの枚数を印刷する時に便利です。
トナーはリサイクルができると繰り返して使えてゴミを発生しないため、手間がかからないことや値段が安くなるため有効活用できます。
インクトナーをなるべく安く使うコツは格安通販サイトを利用すると内容を比較でき、チャンスを逃さないよう注文すると効果的です。



インクトナーにも使用期限があります

インクトナーは各販売店で買えるので、まとめ買いをしていつか使うときに取っておくこともあるかもしれません。
インクトナーにも使用期限が決まっており購入してから大体2年となっています。
期限を過ぎても未開封であれば1年は使用可能です。
ただし、開封済みでかつ使用期限を過ぎた場合は処分したほうが良いでしょう。
インクトナーは長い時間が経つと中で固まっている可能性が高く、使うとプリンターにも支障が出る恐れがあります。
使えても色が劣化していれば廃棄したほうが良いでしょう。
なので買ったインクはきちんと使用期限以内に使ったほうが最善です。
1回に使いきれない度多くを買うのは避けましょう。
インクは消耗品なので時間が経つとどうしても劣化していきます。
管理ができる個数にとどめ、購入した製品の製造年月日と使用期限を確認し早めに使いましょう。
最近では、使い切れない分を買取業者に売る選択肢もあります。



インクトナーは正しく保管しよう

インクトナーは放置すれば自然と劣化していきます。
全く使えなくなるわけではないですが、買ったら出来るだけ早めに使い切りましょう。
中に含まれる粉やインクが劣化すると最悪プリンタにも支障が出てきます。
仮に動いたとしても色は劣化してしまいます。
プリンタを壊さないためにも無理に使わず処分してしまいましょう。
インクトナーは製造されてからおよそ2年半が使用期限として設けています。
どのメーカーにも使用期限を示したシールやラベルがパッケージに表示されています。
この表示はどの製品であれ、開封していない状態を指すので開封すると短くなります。
保管するときは直射日光や火気の無いところに水平に保管しましょう。
箱や袋から取り出した状態や高温多湿な場所は劣化を早めてしまいます。
プリンタにセットするまでは開封せずに箱のまま保管します。

次の記事へ

カテゴリー